PR

洗濯機の縦型とドラム式、メリットとデメリットは?

電化製品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラム式洗濯機は時短家電と噂されていますが、電気屋さんに聞くと我が家には合わないそうです。干す時間が短縮でき、水道代も節約できるのに、お勧めしませんとのことでした。それは家族が8人だったからです。洗濯機の購入は、ライフスタイルやニーズに合ったものを選ぶことが重要です。縦型とドラム式のメリットとデメリットを比較し、どちらがおすすめかを判断するためのポイントをご紹介します。

縦型洗濯機

メリット
  • 洗浄力が高い:衣類同士をこすり合わせる「もみ洗い」で汚れをしっかり落とす
  • 洗剤が溶けやすい:水量が比較的多いため、洗剤が溶けやすく、洗剤カス残りも少ない
  • 価格が安い:ドラム式に比べて本体価格が安い
  • 設置スペースが小さい:ドラム式よりも奥行きが小さいため、設置スペースが小さい
  • 洗濯槽の掃除がしやすい:洗濯槽が取り外せるため、掃除がしやすい
デメリット
  • 節水効果が低い:ドラム式に比べて水使用量が多い
  • 衣類にダメージを与えやすい:洗濯槽の回転で衣類同士がこすれるため、デリケートな衣類は傷みやすい
  • 乾燥機能が弱い:乾燥機能付きの機種もあるが、ドラム式に比べて乾燥能力は低い

ドラム式洗濯機

メリット
  • 節水効果が高い:少ない水で洗濯するため、水道代を節約できる
  • 衣類に優しい:たたき洗いなので、衣類同士がこすれず、デリケートな衣類にも安心
  • 乾燥機能が強い:乾燥機能付きの機種が多く、天候に左右されずに洗濯物を乾かせる *槽乾燥機能付きでカビ対策も楽々:洗濯槽の乾燥機能付きの機種が多く、カビの発生を抑えられる
デメリット
  • 洗浄力が弱い:縦型に比べて汚れ落ちが劣る場合がある
  • 洗剤が溶けにくい:水量が少いため、洗剤が溶けにくく、洗剤カス残りが出やすい
  • 価格が高い:縦型に比べて本体価格が高い
  • 設置スペースが大きい:縦型よりも奥行きが大きいため、設置スペースが大きい
  • 洗濯槽の掃除が難しい:洗濯槽が取り外せないため、掃除が難しい

どちらを選ぶべき?

  • 洗浄力重視なら縦型
  • 節水・衣類への優しさ・乾燥機能重視ならドラム式
その他の判断ポイント
  • 家族人数:洗濯容量は家族人数に合わせて選ぶ
  • 設置スペース:設置スペースに合わせてサイズを選ぶ
  • 予算:予算に合わせて機種を選ぶ
  • 機能:自動槽乾燥機能、槽洗浄機能など、必要な機能をチェック

AIが選ぶ洗濯機10選(2024年2月版)

縦型

パナソニック NA-FA10K2-W

  • 洗浄力と節水性を両立したハイブリッド洗濯機
  • 大容量10kgで、毛布などもまとめて洗える
  • 温水機能付きで、汚れをしっかり落とす
  • 約8万円台と、高機能なモデル

シャープ ES-PW8H

  • 穴なし槽で、黒カビの発生を抑える
  • AI標準コースで、衣類の種類に合わせて洗剤量や水量を自動調整
  • スマホとの連携で、洗濯の状況を遠隔操作できる
  • 約5万円台と、機能性と価格のバランスが良い
東芝 AW-8GM2
    • 洗浄力と使いやすさを追求したスタンダードモデル
    • 大容量8kgで、家族でもゆったり使える
    • 抗菌ウルトラファインバブル洗浄で、汚れをしっかり落とす
    • 自動槽乾燥機能付きで、カビ対策も楽々
    • 約4万円台と、コストパフォーマンスも高い

ドラム式

シャープ ESTX8H

  • 穴なし槽で、黒カビの発生を抑える
  • プラズマクラスターNEXTで、衣類を清潔に保つ
  • ヒートポンプ乾燥で、衣類を傷めずに乾燥できる
  • 約13万円台と、機能性と価格のバランスが良い

日立 BD-SX110G

  • 風アイロン乾燥で、衣類のシワを伸ばす
  • 温水機能付きで、汚れをしっかり落とす
  • 自動槽乾燥機能付きで、カビ対策も楽々
  • 約14万円台と、コストパフォーマンスも高い

東芝 AW-DG1200V

  • ウルトラファインバブル洗浄で、汚れをしっかり落とす
  • 温水機能付きで、汚れをしっかり落とす
  • ヒートポンプ乾燥で、衣類を傷めずに乾燥できる
  • 約16万円台と、機能性と価格のバランスが良い

パナソニックNA-FWX120H8

    • ナノイーXで衣類を清潔に保つ
    • 温水機能付きで、汚れをしっかり落とす
    • ヒートポンプ乾燥で、衣類を傷めずに乾燥できる
    • 約18万円台と、高機能なモデル

コンパクトモデル

パナソニック NA-FW50K8 洗浄力と節水性を両立したハイブリッド洗濯機

  • 温水機能付きで、汚れをしっかり落とす
  • 約6万円台と、高機能なモデル

シャープ ES-TX5E

  • 穴なし槽で、黒カビの発生を抑える
  • プラズマクラスターNEXTで、衣類を清潔に保つ
  • 約4万円台と、機能性と価格のバランスが良い

東芝 AW-5GM2

    • 一人暮らしに最適な5.5kgモデル
    • 抗菌ウルトラファインバブル洗浄で、汚れをしっかり落とす
    • 自動槽乾燥機能付きで、カビ対策も楽々
    • 約3万円台と、コストパフォーマンスも高い

まとめ:選び方のポイント

  • 洗濯容量:家族人数や洗濯物の量に合わせて選ぶ
  • 洗浄方式:縦型とドラム式それぞれメリットとデメリットがある
  • 機能:乾燥機能、温水機能、槽乾燥機能など、必要な機能をチェック
  • 価格:予算に合わせて機種を選ぶ

コメント

タイトルとURLをコピーしました