玄米食が危ないのなら、ぬか漬けも危ない事になる困ったぞ。

食品

お米屋さんのホームページに危ない玄米食とありました。

玄米食自体決して美味しいものでは無いし、健康にいいというのも疑問だといいます。

 

玄米は、白米よりも、ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。

健康を保つために必要な栄養素をほとんど含み、「完全栄養食」と言われています。

玄米は外皮の部分を精米していないので、そこの成分が残っているのです。

 

玄米食のイメージは自然食で健康に良いとの認識です。

体験談では、腹持ちがよく体調がよくなり、やせたという話があります。

成分

腹持ちが良いという事は、消化に時間がかかるという事です。

痩せたという事は、栄養素が十分に吸収されていない事を意味します。

玄米の外部にはフィチン酸アブシジン酸残留農薬まで含まれています。

 

フィチン酸は体内のミネラルと結びつき、尿と一緒に体外に排出する作用があります。

フィチン酸は抗癌作用が期待されていますが、ミネラルの吸収を妨げています。

 

玄米には豊富なミネラル分が含まれているのに、吸収されないで排出されるのです。

だから、玄米食の時にはミネラル分が多い海藻や野菜も食べる必要が有ります。

フィチン酸を毒と例える記述もありますが、ミネラルが吸収されないだけです。

 

「アブシジン酸は活性酸素を発生させるから毒」と考える向きもあります。

抗炎症作用を持ち動脈硬化や糖尿病の予防・改善に有用であるかも知れません。

 

コメは比較的無機ヒ素を多く含む食品といわれています。

無機ヒ素を大量に摂れば発熱、下痢、嘔吐、興奮、脱毛などの症状が現れます。

現状ではヒ素による明らかな健康影響は報告されていません。

 

農林水産省はバランスの良い食生活で、体に悪影響を与えることはないといっています。

玄米やぬか漬けを食べても問題はないということですね。

危険なぬか?

米ぬかの部分に農薬や水銀、鉛、カドミウムなどの有害重金属が残留しています。

精米せずに食べると、米ぬかの部分の有害物質も摂取してしまいます。

ぬかの部分に有害物質が含まれているから、危険だという事になります。

 

その玄米を精米してできるものが、ぬかです。

ぬかにはフィチン酸、アブシジン酸、残留農薬が含まれていることになります。

 

特に問題となるのが残留農薬です。

玄米中に含まれる残留農薬は、0.5ppmと国で定められています。

国産のお米は、玄米になった時点で農薬は「残留農薬ゼロ」とのことです。

 

「残留農薬ゼロ」とは農薬を使用しても、検査ででなければゼロということです。

「農薬未使用」のお米ぬかが入手できれば問題ありません。

まとめ

玄米食は危険と聞いて、ぬかはどうなのかと心配しました。

国産のお米は、玄米になった時点で農薬は「残留農薬ゼロ」で安心しました。

 

ぬか漬けをしていますので、ほんとに心配しました。

でも、国産の原料であればまず安心ですね。

ぬか漬け屋の社長に聞いても、生協にお墨付きをもらっているといっていましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました