PR

函館ではホテル間の過激な朝食戦争が勃発している

観光
スポンサーリンク
スポンサーリンク

函館は美しい夜景と歴史的建造物で知られる観光地です。函館山からの夜景は必見で、昼間は旧公会堂や五稜郭を散策するとよいでしょう。土産物には函館ならではの海鮮が人気です。いかの塩辛や函館朝市での新鮮な海産物はおすすめです。そんな函館ではホテル間の過激な朝食戦争が勃発しているらしいのです。

函館のホテルにおける朝食競争

函館のホテルにおける朝食の競争は、この地域の食文化の特徴で、特に海鮮との密接な関連があります。函館駅からベイエリアにかけてのエリアは、訪れる人々を海鮮の雰囲気に浸らせ、旅の魅力を高めています。

この朝食革命の先駆けとなったのは、2008年にベイエリアの函館朝市近くに開業したラビスタ函館ベイでした。同ホテルのバフェは、いくらの食べ放題を特徴とし、メディアの注目を集め、函館のホテル朝食を全国的に有名にしました。

この流れを受けて、ベイエリアの函館国際ホテルも、豪華な朝食で人気を博しました。海鮮メニューはもちろんのこと、ステーキのライブクッキングショーなど、ラビスタ函館ベイにはない特徴を打ち出しました。2019年にはセンチュリーマリーナ函館が開業し、地元グルメの充実やお客様の動線を考慮したブッフェスタイルで、訪れる人に強い印象を与えました。

近年、これら3つのベイエリアのホテルは、朝食での友好的な競争を展開し、そのユニークな朝食で地域の魅力を高めています。2021年には湯の川エリアに函館湯の川温泉 海と灯/ヒューイットリゾートが開業。このホテルは先行するホテルの朝食を徹底的に研究し、新たな朝食体験を提供しました。

センチュリーマリーナ函館や他の新規開業ホテルも、既存のエリアホテルを徹底的にリサーチし、函館のホテル朝食シーンの競争精神を示しています。

2023年2月には新たな動きとして、「ラビスタ函館ベイANNEX」がプレオープンしました。この新館は、朝食合戦の火付け役であるラビスタ函館ベイの延長として、その伝統を引き継いでいます。

函館のホテルで味わう至福の朝食

1. センチュリーマリーナ函館:贅沢な海鮮ビュッフェと地産地消メニュー
函館のホテル朝食の中でも特に目を引く、センチュリーマリーナ函館の朝食ビュッフェについてお話しします。

まず、このホテルの朝食ビュッフェは、なんといってもその品数の豪華さに圧倒されます。150品目以上の料理が並ぶのです。和洋折衷のメニューがあり、いくらやマグロなどの新鮮な海鮮から始まり、ビーフシチュー入りオムレツやジャンバラヤオムライスといったホットミールまで、朝から幅広い料理を楽しめます。

特に注目すべきは、地元函館の食材を活かしたメニュー。北海道産の新鮮な食材を使った料理は、味も素晴らしい上に、身体にも優しいんです。さらに、ロイヤルフロア宿泊者には優先案内や予約席などの特典もあり、快適な朝食タイムを過ごせるんですよ。

2. ラビスタ函館ベイ:北海道の味覚を堪能できる豪華ビュッフェ
ラビスタ函館ベイは、なんと7年連続で北海道の朝食1位に輝いているんですよ。その理由は、美味しいだけじゃない、彼らの朝食ビュッフェに隠された魅力にあります。

このホテルの朝食ビュッフェでは、北海道の海の幸が存分に楽しめます。いくらやマグロだけでなく、新鮮な海鮮丼も用意されていて、朝から豪華な気分を味わえるんです。それに、ビュッフェスタイルなので、自分の好きなだけ好きなものを選べるのが嬉しいポイントです。

また、ホテル自体も函館の海に面していて、食事中に美しい景色を楽しむこともできます。朝食を食べながら函館の海を眺めるなんて、最高の朝のスタートですね!

3. 函館国際ホテル:いくらやネギトロが並ぶバラエティ豊かな朝食
函館国際ホテルの朝食ビュッフェの目玉は、何と言ってもいくらやネギトロが並ぶ海鮮コーナー。朝から新鮮な海の幸を味わえるなんて、海鮮好きにはたまらないですよね。さらに、肉料理があるライブキッチンもあり、その場で調理してくれる料理の香りと味わいは格別です。

ここでは、和食だけでなく洋食も楽しめます。バランスの良い朝食を楽しむことができるので、どんな好みの方にも満足していただけるはずです。さらに、ホテル自体が函館の中心地に位置しているため、観光にも大変便利。朝食をしっかりと堪能した後の、函館観光のスタートに最適です。

4. NIPPONIA HOTEL 函館港町:地元食材を使った北欧スタイルのセットメニュー
このホテルの朝食は、ちょっと他とは異なります。なんと、北欧スタイルのセットメニューなんです。地産地消にこだわり、地元函館の新鮮な食材を活かした料理が楽しめます。例えば、地元の新鮮な魚介を使った料理や、地元の野菜をふんだんに使ったサラダなど、健康的でありながらも、味わい深いメニューが並びます。

ホテルの内装も非常にモダンで、朝食を取りながら函館の海や街を眺めることができるのも魅力の一つ。北欧スタイルの朝食を味わいながら、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

5. HAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL&RESORTS:函館朝市で選べる新鮮な朝定食
最後はHAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL&RESORTSです。このホテルの朝食は、ちょっと変わった楽しみ方ができるんですよ。

なんと、このホテルでは、函館朝市で選べる朝定食を楽しむことができるんです。朝市には6店舗の食事処があり、それぞれの店舗で異なるメニューを選ぶことができま

す。たとえば、人気の「うにむらかみ」で海鮮丼を味わったり、他の店舗で北海道ならではの味覚を堪能したりできるんです。

函館観光では、夜景が美しい函館山や、歴史的な赤レンガ倉庫群を訪れるのがおすすめです。土産物には、函館ならではの海鮮グルメが豊富。例えば、いかの塩辛、数の子松前漬け、ホタテやイクラの海鮮丼の素、そして有名な函館ミルクケーキなどが人気です。これらの土産物は、函館朝市や地元のお土産店で手に入りますよ。

函館でおすすめ土産物

  1. 函館いか塩辛: 函館の新鮮なイカを使用した伝統的な味わいのいか塩辛。
  2. 数の子松前漬け: 北海道産の数の子を使った、旨味が凝縮された松前漬け。
  3. ホタテやイクラの海鮮丼の素: 自宅で簡単に函館の海鮮丼を楽しめるセット。
  4. トラビスタバター: こだわりの北海道産生乳を使用した、クリーミーな風味豊かなバター。
  5. 函館ミルクケーキ: 北海道産の新鮮なミルクを使用した、ふんわりとした食感のケーキ。
  6. 函館ラスク: サクサクの食感とバターの風味が特徴の、函館名物のラスク。
  7. 塩キャラメル: 北海道産の塩を使用した、甘じょっぱい味わいのキャラメル。
  8. 函館ビール: 函館の地ビールで、地元の麦やホップを使用したクラフトビール。
  9. 函館紋別カニ缶: 北海道産のカニを使った、贅沢な味わいのカニ缶詰。
  10. 北海道限定スナック: 北海道限定のじゃがポックルや白い恋人など、地域限定のスナック菓子。

函館の見どころ観光スポット

  1. 函館山: ロープウェイで登ることができ、山頂からは函館市内とその美しい夜景を一望できます。函館の象徴的な景色として有名です。
  2. 函館朝市: 新鮮な海産物をはじめ、地元の食材が豊富に揃う市場。活気あふれる市場で、海鮮丼などの食事も楽しめます。
  3. 元町地区: 歴史的な教会や西洋建築が立ち並び、異国情緒あふれるエリア。散策を楽しみながら、函館の歴史を感じることができます。
  4. 五稜郭: 星型の特徴的な形をした歴史的な要塞跡。五稜郭タワーからはその独特な形を上から眺めることができます。
  5. 金森赤レンガ倉庫群: 函館の港に面した赤レンガの倉庫群で、ショップやレストランが並び、雰囲気ある散策やショッピングが楽しめます。
  6. 楽天たびノートはコチラ✅https://kanko.travel.rakuten.co.jp/hokkaido/spot/S1010134.html?cid=tr_af_1631

コメント

タイトルとURLをコピーしました