熱田神宮尾張のパワースポット神様がいない説もある、真実は?

神事

「熱田神宮 神様 いない」のキーワードが目に飛び込んできました。

まさか、なんてこと書いてあるんだとよく読んでみると、お札の話でした。

 

神棚に祀る、熱田神宮のお札を毎年決まった所で頂いているのですが、

たまたま、別の所で頂いた熱田のお札に違和感があったそうです。

その方の先生といわれる方に観てもらうと「仕事をしていない」とのことでした。

 

真偽のことは別にして、面白い表現だなと感心しました。

「仕事をしていない」から神様が居ないになっているようです。

日本の神様とは?

大祓祝詞にある様に「天津神国津神八百万の神々たち〜」が日本の神様です。

古事記に出てくる神々で、国譲り以降は天津神と国津神に大別されます。

「八百万の神々たち」は言葉の通りあらゆるものの神性でしょうね。

 

天津神は高天原から降りてきた天孫族などで、皇室の先祖となります。

国津神は天孫族に国譲りをするまで地上を支配していた出雲族となります。

熱田の神様とは?

熱田神宮の御祭神は「熱田大神(あつたおおかみ)」と申し上げます。

三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御神体とする神様です。

相殿神として天照大神、素戔嗚尊、日本武尊、宮簀姫命、健稲種命の5柱の神です。

 

草薙神剣は天叢雲剣といい、素戔嗚尊が八岐大蛇を退治し天照大神に献上したものです。

それを天孫降臨のおり、孫である瓊瓊杵尊に授けた三種の神器の一つです。

天叢雲剣の変遷

素戔嗚尊から天照大神に、そして天叢雲剣は天孫降臨で瓊瓊杵尊に授けられました。

天皇を象徴する神器として長らく天皇とともにありました。

ある時、神意で倭姫が諸国を巡回し、最終的に伊勢に移されました。        (伊勢神宮の始まり)

 

日本武尊は天皇より東の国を平定するように勅命を受けます。

東征に伴い叔母である倭姫のもとを訪れた時に、天叢雲の剣を待たされるのです。

 

この時点ではまだ雨の叢雲の剣ですが、日本武尊が東征し駿河国に至った時です。

国作りに裏切られ、草原に火を放たれます。

その火を薙ぎ払ったいわれから、草薙神剣と云われる様になりました。

 

尾張に帰り、日本武尊は草薙神剣をお后である宮簀姫に預け、伊吹山へ向かいます。

そこで白猪を眷属だと審神を誤り、伊吹山の神の毒気に当たって亡くなります。

 

悲しみの宮簀姫が形見の剣を大切にお祀りしたのが熱田神宮の始まりです。

天智天皇の時代に二度盗難に遭いますが、取り戻され皇居に置かれました。

天武天皇の病を境に熱田神宮に戻され現在に至っています。

熱田神宮の功徳とは?

熱田神宮の功徳なのですが、大抵のことは叶えられると存じます。

問題は、神様がその気になるかどうかで功徳は違ったものになる様です。

 

御成敗式目に「神は人の敬により威を増し、人は神の徳により運を添う」とあります。

(神さまを敬う人の純粋な真心にふれ、神さまのご威光はさらに輝きを増し
神さまの広き厚きご神徳のご加護で、人は導かれ運を開く)

神さまと人とは一方通行ではなくお互いがお互いを高めあう存在であると言っています。

 

熱田神宮特有の功徳を知りたいときはどうすれば良いのでしょうか?

それは御祭神の成り立ちを顧みれば容易に推察できます。

 

例えば、日本武尊ですが、日本の古代史においてヒーローです。

ですから、ヒーローになる功徳はお持ちの筈ですよね。(笑)

お后もたくさんいたようですので、モテるのでしょう。

父である天皇からは苦難を与えられますが、乗り越えていきます。

 

草薙神剣ですが、天照大神の光明をバックに受け災いを払っていきます。

二度盗難に遭いますが、無事に戻ってきます。

 

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は何らかの形で熱田神宮と縁があります。

それらを考え合わせると、天下を統一させる功徳があるといえますよね。

剣の意思で大業を成し遂げさせる功徳が熱田大神の功徳と言えると思いませんか?

まとめ

熱田神宮に神はいるのかどうかは、信じる信じないの問題です。

まず信じて証が有るかどうか、体験しないと実感できないものです。

他人は関係ありません、本人が感じるかどうか、信じるか否かですね。

 

何らかの神秘体験は誰にでも有るそうですが、実感しているかどうかです。

信じている人は深く感動し魂が震える感動を覚えるでしょう。

信じない人は、意識でブロックして何も感じないそうです。

 

神社のお札に関しては神気が強く入ったもの、弱いものが有るようです。

一般の人には分かりづらいらしいですが、神職の祈り具合で変わるそうです。

 

「縁なき衆生は救いがたし」と云われるように、神様信仰は繊細微妙な面があります。

本人に神秘体験して頂くしかないような気もします。

 

熱田神宮で昇殿参拝、御垣内参拝などを実行してみるのはいかがでしょう。

何らかの証があるかもしてませんよ。

その時のポイントは雑念を払い、素直に謙虚にお願いするの姿勢でお願いします。

 

全て縁だと思いますので、縁のある方はどうぞお参りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました